創作企画「イノセントボーダー(イノボ)」攻略wikiです。

基本情報

名称Fairy Tale(フェアリーテイル)
所属国ヴァジェドペイス
場所大型騎空艇
シンボルマーク
団長童話作家
所属人数30人くらい
多めな種族多種多様


 空に属する自由気ままな窃盗団。"童話"をモチーフとした団員と、彼らを束ねる"童話作家"で構成されている。
 陸、海から略奪の限りを尽くし、その1部をヴァジェドペイスに還元することで組織を保っている。
 メンバーは少ないが、少ないが故にひとつの家族のように心を通わせているものも多い。彼らはそれぞれ"奪う物"を持っていることも共通点。それは物のみに限らず、概念や命すらも含まれる。
加入方法
 基本はメンバーによる紹介性。盗む物があり、メンバーを家族と認めることが必須となる。また、小さい子供を連れてきてメンバーとして育てることも多々あるようで、故にメンバーは忠誠心の強いものが多いようだ。

童話作家
 童話作家と呼ばれるフェアリーテイルの団長は、老いた女性の姿をしている。自身の半分ほどもある巨大な本に腰掛け、浮いている姿を目にすることが多い。童話作家という名に相応しく、物語を執筆したり、または本を読んでいたりという姿をよく見かける。"マザーグース"という名前も持つ彼女は、炎の精霊であり、人やその他の種族と同じような考えは持ち合わせていない。
 彼女が子供を拾い、フェアリーテイルを立ち上げたのは"物語を読みたいから"に他ならない。彼女は非常に読書家であった。そして、老いない彼女にとって、他人の人生とは物語であり、ハッピーエンドを迎えることが"読者"として快楽であった。
 世間から弾き出された子供や人を拾い、真っ当に生きられないであろう彼らに相応の仕事を与え、家を持ち、居場所を作り、幸せを探させた。居場所を失わないために、ヴァジェドペイスの政府とパイプを持ち、他国から盗んできた物資を送ることで安全を確保している。
 聡明な彼女故に自身の炎の精霊という性質を"物語を燃やしてしまう忌むべきもの"と考えていて、好まない。しかし、彼女の精霊としての能力は空の上でありながらも暖かい家を保つ役割もあるのだ。
 実年齢は不明。フェアリーテイルの"母"であるために老人の姿をしているが、その姿を変化させることは容易い。戦闘は得意ではなく、ただ穏やかに本を読むことが好きである。

管理人/副管理人のみ編集できます