創作企画「イノセントボーダー(イノボ)」攻略wikiです。


質問
回答

bnb37って何?
とある身内の集団の総称です。
「ぶんぶさんじゅうなな」と読みます。

鍵アカウントでの参加は可能ですか?
可能です。
ただし、公式がキャラクターの把握をできるよう
公式アカウントからのフォロー許可はしてください。

トリズニー商会のキャラクターを作ってもいいですか?
魔導が扱える獣人を作りたいんだけど…。
魔術が扱える人魚を空に作ってもいい?
全て可能です!大抵の設定はまず通ると思って頂いて構いません。
もし不安でしたらお気軽にご相談ください。

CSの作成制限はありますか?
特に制限は設けていません。
自分が管理できる範囲で自由に作成して下さい。

CSの修正は可能ですか?
可能です。
CSの投稿し直しでも、リプライによる情報追記でも、ご自由にどうぞ。

警察や王宮魔警団に指名手配されたり追われたりするような、
所謂ヴィラン(悪役)系のキャラクターを作ることは大丈夫でしょうか?
大丈夫です。ご自由に制作してください。

言語はどうなっているの?
世界共通語がありますが、種族ごとの言語というものが存在しても良いと思います。

季節や気温ってどうなっているの?
陸上を領地とするラショレアには四季がありますが、東西南北で気象の差異があったら面白いと思います。
ノキミネリーの海中にあるドーム内は魔導を用いて常に過ごしやすい気温を保っているので、気候面での季節は感じることがないかもしれません。
ヴァジェドペイスは上空なので、眼下の景色を楽しむ以外に季節は感じられないかも。あと他国より寒い。

時代としてはどの程度?
私たちの世界でいうところの大体19世紀後半頃?ふわっとです。

移住や旅人ってどうなの?
国内なら問題ありませんが、他国となると戦争状態なので簡単にはいきません。
ですが、キャラ設定としてはご自由にどうぞ。
移住・旅・亡命・etc…お好きに作成して下さい。

この世界の人々って何を食べてるの?魚は食べるの?
食事に関しましては様々な意見があると思いますので、各自ご自由に描写して頂けると助かります。

精霊は物質(石とか火とか、土地とか?)に宿っていたりするものなのか
精霊は自然を司る存在なので、物質に宿っていると言っても良いと思います。
特定の石を住処にしたり、土地に留まったりは自由です。

精霊が他の種族に混じって同じように生活している事はあり得るのか
あり得て良いと思います。ご自由にどうぞ!

木霊や柳の精みたいな化生(?)は精霊と別枠になるのか同じなのか
木霊や柳の精に本体と呼べるものがあり、本体に何かあった時に霊体(?)へ影響が出る場合には精霊とは別枠になるかと思います。

精霊が魔術などによって、生きたままどこかへ封じられるということはありますか
あってよいと思います。

命晶石についてなのですが、見た目は所謂虹色のような石で大丈夫でしょうか?
問題ありません。
命晶石は「見る角度や研磨具合で様々な色に変化する綺麗な石。(wiki【用語説明】より抜粋)」なので、赤青金銀虹色…お好きな色を設定して頂ければと思います。

罪無き境界線って何?
国同士で定めた、争いを起こす場所のこと。
陸vs海は沿岸付近。
陸vs空は山頂付近。
海vs空は海上付近、としている。
この場所以外で国同士での戦いは基本的に禁止とされている。

どうやって争い始めるの?
常に戦争状態ですが、罪無き境界線で争いを始める際は必ず相手国に宣戦布告をすることがルール付けられており、布告文が公の場で読み上げられた瞬間から攻撃OK状態となります。

どのくらいの頻度で争っているの?
時と場合によりけりじゃないでしょうか。ご自由に創作して下さい。

勝敗はどう決まるの?賠償は?
普通なら軍や兵などが壊滅したり首都や国土の大部分が占領されたり、相手国が手を挙げた時だと思いますが、お好きに創作して頂ければと思います。賠償も然り。少なくとも200年前から現在までで陸の大命晶石を海が取り返したとか、空の大命晶石が陸海に奪われたとかは無い様なので、引き分け又は敗北状態が続いてきたのかもしれません。

魔導に武器は必要?
ただ使うだけなら必要ありませんが、MP消費量減少・斬耐性DOWN・常に治癒など…ゲームにありがちな性能を武器に付随したら面白いんじゃないでしょうか。これは魔導を使わないキャラの武器にも言えます。お好きな性能を設定してみて下さい。

命晶石がどの程度の魔力でどの程度のサイズなのか目安はあるか
一度の戦闘を拳より一回り大きく顔より小さい命晶石で乗り越えられるとし、イノボ世界のスキルレベルを小・中・大・特大と仮定します。そして、ひとつスキルレベルが上がる毎にMP消費量が1.5倍増えるとします。すると、
 
小だけ使用する場合…25回くらい
中だけ使用する場合…16回くらい
大だけ使用する場合…12回くらい
特大だけ使用する場合…8回くらい
 
といった感じでしょうか。
この計算で、例えば一回の戦闘で所持MPを最大まで使おうとすると、特大2回、大3回、中6回、小4回…みたいな組み合わせで技を使えます。
ちなみにビー玉くらいのサイズですと、小スキルが1〜2回使えます。

光属性の中の雷魔法、水属性の中の氷属性…といったようなことは可能か
「光属性の中の雷魔法」等に関しましては、6属性を元にして魔法を扱うことは可能です。どの属性の派生になるかは自由に創作して下さい。
「水属性の中の氷属性」等に関しましては「水属性であり、氷魔法を扱える」といった感じになります。属性という形での区分は6属性の中からでお願いします。

身体能力強化や魔力探知等の属性がはっきりしない魔法を扱うことは可能か
もしくは、それができる各属性らしい理由付けが必要か
(例/風属性だから空気中の魔力量を読んで探知)
この世界の魔法は6属性を司る精霊が力を貸してくれることにより扱うことが出来るという仕組みですので、六属性で解決のできない魔法は扱えないということになります。なので「それができる各属性らしい理由付けが必要」となります。因みに属性がはっきりしない魔法として、回復魔法はこれに当てはまります。

反魔法(魔術/魔導を無効化/打ち消す等)は有りなのか
それができる各属性らしい理由付けがあれば有りです。

植物を扱う系の魔術、及び魔導は存在するのか
存在して良いと思います。魔法で植物を扱える理由付けが個人で納得できれば、どの属性でも問題ありません。

現在は魔術をほとんど使えないが、学ぶことで魔術を扱えるようにしてもいいか
問題ありません。魔術は学ぶことさえ出来れば誰でも扱える様になります。

イベントって何?
世界観特有の出来事や四季折々の行事の、ストーリーを運営側が提供し、
そのストーリーに沿って参加者各自が創作するというもの。

イベントの参加は任意ですか?
任意です。

イベントにのみ登場させるNPCを作成しても良い?
ご自由にどうぞ。
NPC情報をキャラクターのリプライで追記しておくといいかもしれません。

メンバーのみ編集できます